マフラーとファッション

マフラーは冬に身につける定番アイテムとして男女問わず人気があり、毎年いろいろなデザインのマフラーが店頭に並びます。首元を温めて寒さをしのぐ機能性はもちろんのこと、冬のおしゃれアイテムとしても重宝され、たくさんの人がマフラーでおしゃれを楽しんでいます。マフラーにも種類があり、ストールのような薄手のものや毛糸で編まれたボリュームのあるもの、カシミヤといった高級素材で作られた上品なものなど様々あります。このようにいろいろな種類の雰囲気の違ったマフラーが数多くあるので、自分がいつもしているファッションや自分の雰囲気に似合ったマフラーを選びたいですよね。マフラーの種類や巻き方によっても、見た目の印象が全然違ってきます。例えば、厚手のニットの上からロングマフラーをぐるぐる首に巻いてしまうと、重心が上の方にきてしまうので、非常にアンバランスになってしまいます。特に、顔が少々大きい人は注意すべきところです。顔が少々大きめの人は、厚手ではなく薄手のストールのようなマフラーをすっきり巻いて重心を下に持って来ればそれだけで素敵に見えます。また、コーディネートに自信がない人は、無地の白や黒といった無難な色を選びがちですが、どんなファッションにでも合うというわけではありません。スーツやフォーマルのようなファッションにはいいのかもしれませんが、赤や黄色といったハイカラーのファッションにするマフラーとしては、チグハグに見えてしまうこともあるのです。無難だと思っているものが逆に悪い意味で目立ってしまっては、カッコ悪くなってしまいます。無難なものを選ぶのではなく、自分自身のコーディネートや雰囲気に合ったマフラーをよく吟味しましょう。
ココマイスター クリスペルカーフの評価は高い